画像でたどる死都日本・富土
画像でたどる死都日本


富土

6月19日5時29分
宮崎県・日南海岸


“県外からの旅行者は、よくこの集落を「富士」と間違えるが、「富土」である。 JR伊比井駅南方にある海岸沿いの小集落で、・・・サージの一部は山脈を越えて東進し、富土集落を襲った。 ・・・熱とガスで富土は全滅してしまったのである。”(第9章,p.345)

(撮影:大石雅之)

(撮影:鈴木恵三)

解説:
 谷之城トンネルを抜けた黒木と岩切は、この富土の集落で国道220号線に合流した。 トンネル内で寝入ってしまった黒木がここで目を覚ました。富土の惨事は鵜戸漁港等にも伝わり、すぐに救出隊が組織された。 黒木らが富土にたどり着いたときには、すでに警官が交通整理に当たっており、ブルドーザーも動き回っていた。 これまで死の世界を彷徨してきた二人にとっては、久々に目にする日常的な世界であった。 しかし緊急放送を聞いた黒木は、「日南の病院には行けない」ことを知り、強い衝撃を受けるのだった。

関連リンク

  • YAHOO!地図情報:富土
  • 本サイトの文章・画像の著作権について
    本サイトに関するお問い合わせはこちらから

    “黒い雨とラハール”解説ページ一覧へ戻る