画像でたどる死都日本・灰混じりの雨をかぶった車
画像でたどる死都日本


灰混じりの雨をかぶった車

6月19日5時38分
宮崎県・日南海岸・鵜戸


“...短い時間であったが、その間にもフロントガラスの黒い斑紋は急速に増え、黒木を焦らした。岩切が舌打ちしてワイパーを動かしたが、雨滴は火山灰と混ぜ合わされて糊状になり、窓に粘りついて簡単には落ちない。岩切はウオッシャー液のスイッチを押したが、火山灰で噴出孔が塞がっているらしく、思うようにいかない様子だ。”(第9章,p.373)

(撮影:野田博之)

解説:
 写真は、三宅島の2000年噴火時の様子。ここまでひどくなると、車を降りて除去する以外にない。車も着雪に対しては様々な対策が講じられているが、雨混じりの降灰に対しては打つ手がないのであろうか…。雲仙普賢岳の噴火の時は、沿道の住民が、通り過ぎる車のウインドウにホースで水をかけ、灰を落としてあげている光景も見られた。

関連リンク

  • 三宅島2000年8月13日噴火と降下火山灰・泥雨状に降下した火山灰の例
  • マピオン・日南海岸の位置
  • 本サイトの文章・画像の著作権について
    本サイトに関するお問い合わせはこちらから

    “黒い雨とラハール”解説ページ一覧へ戻る