画像でたどる死都日本・日南はまゆう病院
画像でたどる死都日本


日南はまゆう病院

6月18日午後〜19日朝
宮崎県・日南市・日南はまゆう病院


“日南はまゆう病院は、日南市中心から車で十分程鵜戸方向にいった風田という地区にあった。・・・はまゆう病院は海の見える緩斜面を切り崩して建てられていた。”(第10章,p.391〜411)

“「真理、逃げろラハールだ!!」・・・真理と黒木が階段の最下段に足を掛けた時には、階段室を湧き上ってきた灰色の水が三階の廊下に拡がり始めていた。・・・ドカン!ドカン!とひっきりなしに何かが壁に衝突し、その度に階段室がブルブル震えた。”(第10章,p.434〜435)

(撮影:田島靖久)

解説:
 黒木と真理が劇的な再会をする日南はまゆう病院。写真の病院は風田地区の海辺にある日南病院(旧国立病院)である。この地区は描写のとおり医療機関が多くあった。ただし、真理の働く日南はまゆう病院はこの位置より山側に設定されている(写真左中央に写っている山の山腹辺りか)。

関連リンク

  • 愛泉会日南病院(旧・国立療養所日南病院)のサイト
  • マピオン・日南市風田地区の位置
  • 本サイトの文章・画像の著作権について
    本サイトに関するお問い合わせはこちらから

    “黒い雨とラハール”解説ページ一覧へ戻る