画像でたどる死都日本・火砕流堆積物の二次噴気孔
画像でたどる死都日本


火砕流堆積物の二次噴気孔

6月18日19時43分
宮崎県・北郷町


“涙を流しながら川へ近付き、懐中電灯で谷底を照らして黒木は息を呑んだ・・・もっと遠くを照らすと、灰煙を透して白い蒸気が勢い良く立ち上っているのが見えた。周囲には直径二メートル程のすり鉢状クレーターも存在する。(二次噴気孔だ!)黒木は確信した。”(第7章,p.259)

(撮影:上野龍之)

解説:
 作品にあるように高温の火砕流(溶岩流)が河川や浅海などの水域に堆積すると二次爆発を起こすことがある。写真は約6000年前に池田カルデラから噴出した池田火砕流堆積物が、浅海に堆積した際に起きた二次噴気(爆発)孔の断面である。池田火砕流堆積物(下部)、池田湖火山灰層(上部の薄い層が何枚も重なっている部分)、およびそれらを貫く二次噴気孔(中央)。池田湖火山灰層のブロックが破砕されつつ二次噴気孔の内部を埋めている。鹿児島県山川町で撮影。

関連リンク
  • YAHOO!地図情報による池田カルデラの位置・鹿児島県指宿市
  • 本サイトの文章・画像の著作権について
    本サイトに関するお問い合わせはこちらから

    “噴火からの脱出”解説ページ一覧へ戻る