画像でたどる死都日本・巨大火砕流の流走ルート(南側)
画像でたどる死都日本


巨大火砕流の流走ルート(南側)

6月18日16時30分過ぎ
鹿児島湾北方


“巨大火砕流が一番先行しているのは、なだらかな下り斜面が続く南方で、牧園町を消滅させた後、霧島町・国分市・隼人町の大半を呑み込んでいた。あと数分で鹿児島湾に達するであろう。”(第5章,p.161)

(撮影:上野龍之)

画像解説
(作成:上野龍之)

解説:
 大浪池火口縁から破局的噴火による巨大火砕流の流走方向(南側)を見る。中央に姶良カルデラ(錦江湾)と桜島が見える。錦江湾のすぐ手前が国分市・隼人町であり、霧島町と牧園町はより霧島山の近くにある。この場所から桜島までは約45 km離れているが、作中の火砕流は到達し乗り上げている。

関連リンク
  • YAHOO!地図情報・大浪池の位置
  • YAHOO!地図情報・牧園町・霧島町・国分市・隼人町
  • 本サイトの文章・画像の著作権について
    本サイトに関するお問い合わせはこちらから

    “噴火開始”解説ページ一覧へ戻る