画像でたどる死都日本・水蒸気爆発
画像でたどる死都日本


水蒸気爆発

6月18日16時過ぎ
霧島火山、大浪池


“松苗の感傷は吹っ飛んだ。真っ青な空に巨大な白煙がモクモクと上がっているのだ。それも韓国岳からではない。その右隣の大浪池からだった。・・・その大浪池が、今、凄まじい蒸気を噴き上げていた。火口湖の中央やや北よりに轟々と水蒸気が噴出し・・・午後四時十九分、霧島火山噴火は大浪池水蒸気爆発で始まった”(第3章,p.108-113)

(撮影:東宮昭彦)

解説:
 地下水や湖水などが急激に沸騰させられて起こる爆発が「水蒸気爆発」である.写真は,有珠火山2000年噴火における水蒸気爆発の様子.

関連リンク

  • 火山学者に聞いてみよう−トピック編−マグマ水蒸気爆発・水蒸気爆発
  • 本サイトの文章・画像の著作権について
    本サイトに関するお問い合わせはこちらから

    “噴火開始”解説ページ一覧へ戻る