南東側から見た富士山と宝永火口(撮影:小山真人)
 石黒耀 氏による「昼は雲の柱」が改題・加筆され「富士覚醒」となって出版。(→講談社文庫